アメリカ珍道中

もうコロラドにいないので、コロ珍卒業!現在ワシントン州シアトルで駐在中。シアトルでの日々をご報告。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

また一人去る。

外国に住むと出会いと別れが激しく行き交い、自分がどっかに行っちゃうだけじゃなくて、どっかに行っちゃう友人を見送るということもしばしば。

日本から離れるときも悲しかったし、コロラドから離れるときもどん底に悲しかったし、シカゴから離れるときも色んな思いがあって悲しかった。今回はまた一人親友がコロラドから離れます。

大学院で初日に会ってから2年間ずっと一緒で、勉強も遊びも一緒にしてきた親友が卒業してNYに帰っちゃいます。悲しいな・・・、せっかく帰ってきたのに。

シカゴから離れるときに、大好きな友達であり、お姉さんでもある彼女が教えてくれました。彼女が「これ私の処世訓なのよ」、と言ってくれた井伏鱒二の言葉です。
【花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ】

人生はいつも出会いばかりではなく、盛り上がって楽しいときにも別れは存在する。出会えば別れもある。人生にはさよならがたくさんある、どっちみちさよならばっかなんだから、前向きになろうっていう解釈でええんでしょうか。

寂しいけど、これで絶対会わなくなっちゃうわけじゃないし、別れがあればまた新しい出会いがあるはず。元気でね!
日々の生活なこと | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

そうですか…、彼もまた去りましたか。まあでも、またボルダーで集まってゴルフとかしましょう。アメリカにいるかぎりはまだまだ会う機会があると思うしね。みんなで頑張って行きましょう!
comment by: chingun | 2007/03/01 10:54 PM
GOOD BYE ではなくて、SEE YOU LATERと見てはいかがでしょうか?
会わなくても、身近な人に感じる人っていませんか?
やべ、俺が寂しくなる〜〜〜
comment by: 五 | 2007/03/02 12:43 AM
どんな理由にせよ、別れは悲しいもの。
泣けるほどの別れがあるって、素敵だと思うな。
私もどれだけ、たくさんの別れがあったか・・・。
心の残る私の別れは、ルームメイトとのわかれ。
彼女を空港まで見送り、最後の彼女からのメッセージは、『ゆみさん、私が居なくなってもしっかりしなきゃダメよー』って、アメリカに居ながら英語がさっぱり分からない私をどんなことがあっても嫌がらず、お姉さんのように面倒をみてくれた台湾人のルームメイト。彼女に頼ることが当たりに思っていた私でした・・・。あれから、会うチャンスがなかなかないけど、今でも私の親友です。
comment by: yumi | 2007/03/02 5:57 PM

Leave a comment










TrackBack URL

http://coloradoway.jugem.jp/trackback/186

TrackBacks